トップページ

トップページ

【浮気調査マニュアル】をご覧いただきありがとうございます。当サイトでは浮気がもたらすデメリットや自分でできる浮気調査の方法などを紹介しています。まずは下記で浮気の定義について解説しているのでお読みになって下さい。

浮気の定義を知る

結婚した相手がいるにもかかわらず、他の異性と付き合うようになってしまう、不倫はドラマや映画だけの出来事ではありません。浮気は男性がするもので、たとえ男性が浮気をしても女性は黙って耐えるような風潮も昔はありましたが、今は女性でも浮気に走ってしまう方が増えていると聞きます。あなたの恋人、パートナーも浮気している可能性は十分にあり得るのです。

浮気とはそもそもどの時点で浮気と呼ぶのでしょうか。浮気は必ずしも結婚している夫婦のどちらかが、他の異性と交際することを意味していません。例え婚姻関係がなく恋人同士の関係であっても、他の異性と交際をしていたらそれは浮気だと断言できます。それでは浮気とはどのような関係を持った場合、そう定義されてしまうのでしょうか。浮気に対する定義は人それぞれかもしれません。

例えば自分のパートナーが異性と二人きりで食事に行っただけでも、それを浮気と受け止めてしまう方もいらっしゃいます。男女の関係がなくても、自分以外の異性と仲良くしているのを見るのが許せないのです。浮気から離婚裁判に陥るケースも多いのですが、法律上の解釈で浮気が定義されています。民法における浮気の定義は、特定の異性と不貞行為を繰り返すことを意味します。不貞行為とは男女の関係になることですが、繰り返しではなくてもたった一度だけでも、それは浮気ということに変わりはありません。特定の相手ではなくても結婚相手以外の複数の異性と関係を持つことも、浮気と言えます。
浮気に関する情報を専門にしているサイトも多く公開されていますので、様々な情報を参考にするのがよろしいのではないでしょうか。